ヤマト住建

生涯の使命、それは頑丈で安心な住まいづくり
昭和36年、会長の西津が5歳の9月16日、第二室戸台風は、四国を縦断し阪神間に上陸。統計史上最大となったこの暴風雨により、屋根の瓦がバリバリ、カラカラ、と飛び散り、柱はギシギシ、ガタガタ、と音を立てて軋(キシ)みました。みんなが父にしがみつき、あわや倒壊か……、その寸前で危機を乗り越えました。この体験から“頑丈で何があってもビクともしない家”が欲しいと思うようになり、それが生涯の仕事となりました。
昭和62年のヤマト住建創業以降、「安心できる家 = 丈夫な家」として住宅をご提供させて頂く中で、平成7年1月に阪神大震災が発生。被災の中心である神戸市には、ヤマト住建の本社のみならず、数多くのお客様がいらっしゃいましたが、おかげさまで全壊は一件もありませんでした。これからも、安心してお住まいいただける住宅を目指して、ヤマト住建は前進し続けます。

おうちの相談窓口目線!

「ヤマト住建」は、ここがおすすめ!

準備中

ご来店のご予約はこちらから

いつでもお気軽に「おうちの相談窓口」へお問い合わせください!

おうちの相談窓口とは
提携住宅会社一覧
サービスの流れ
ご利用者の声
施工事例
よくある質問
Copyright © おうちの相談窓口 太田店 All Rights Reserved.
Page top
モバイル表示