土地探し・注文住宅編

注文住宅の費用について

実際に注文住宅を建てる際にどんな費用が生じるのか、知っていますか?簡単に知っておくだけでも、提示された見積もりの正当性を判断することができるので、費用を構成する3つの要素について押さえておきましょう。

本体工事費

注文住宅においてもっとも多くの割合を占めるのが屋根、壁、床などの住宅本体の工事費用である「本体工事費」です。実に施工費の7割以上が該当します。家の基礎を形成する躯体工事から、外壁塗装や内装のクロス貼りなどの仕上げ工事、キッチン・トイレの設置や電気・水道などの設備工事までの費用はすべて本体工事費です。

付帯工事費

門や塀などの外構工事や給排水やガスの工事を行う必要があり、人が生活できる水準にまで完成度を高める際の工事費用が「付帯工事費」です。付帯工事費は全体の2割程度の費用になります。

諸経費

家を建てる際の建築やローンに伴う手数料、税金や引っ越し代など工事費以外にかかる費用を「諸経費」といいます。全体の1割ほどの金額ですが、本体工事費や付帯工事費ばかりを気にしていると、意外に諸経費がかさむというケースもあるので、知っておく必要があります。

img

新築一戸建てを建てる際に土地から購入する場合には、土地代も発生することも覚えておきましょう。上記に大まかなものを記しましたが、住宅購入には多くの費用がかかってきます。

将来の事も考えて、費用をしっかりとかけなければならないところもあります。費用をかけるところはとことん投資して、抑えるところは徹底的に節約する。住宅の購入は知識を持った上での予算の適正化が必要です。

ご来店のご予約はこちらから

いつでもお気軽に「おうちの相談窓口」へお問い合わせください!

おうちの相談窓口とは
提携住宅会社一覧
サービスの流れ
ご利用者の声
施工事例
よくある質問
Copyright © おうちの相談窓口 太田店 All Rights Reserved.
Page top
モバイル表示