土地探し・注文住宅編

注文住宅とマンションのメリット・デメリット

マンションと注文住宅のもっとも大きな違いは、自らの所有物であるかないかという事です。立地の良さや管理会社によるメンテナンスなどは、マンションに住むことのメリットですが、注文住宅は家族単位で住むことによる自由度の高さや自らの資産となる事が利点です。以下ではマンションと注文住宅のメリット・デメリットを比較しています。

img

マンション

メリット

  • 駅近や都心部にあるなど立地条件がよい
  • 標準設備が充実しているケースもある(オートロック等)
  • 共用スペースがある場合も(庭園、スポーツジムなど)

デメリット

  • 管理費・修繕積立費・共益費・駐車場代などがかかる
  • 騒音などで上下階や隣室の住人とトラブルになることも
  • ペットの飼育が制限されるケースがほとんど

注文住宅

メリット

  • 近隣との騒音トラブルが少ない
  • 敷地内に駐車場がある場合は、駐車場代がかからない
  • 管理費・修繕積立費・共益費などがかからない
  • リフォームや建て替えを比較的自由に行える
  • 自由にペットを飼育できる

デメリット

  • 建物や設備の老朽化は実費で対応しなければならない
  • 土地の所有権を持つため、土地代がかかる
  • 駅や都心部までの距離がマンションより遠い場合が多い

上記のようにマンション、一戸建てのそれぞれに良し悪しがあります。その為、利便性を優先する人はマンション購入がおすすめであり、間取りや外観にこだわり、家族だけのスペースを大切にしたいと考えている方は一戸建てがおすすめです。マンションか注文住宅かによって暮らし方も変わる為、家族がどんな家を求めているのかをきちんと話し合い、全員が納得できる結論を出す必要があります。

ご来店のご予約はこちらから

いつでもお気軽に「おうちの相談窓口」へお問い合わせください!

おうちの相談窓口とは
提携住宅会社一覧
サービスの流れ
ご利用者の声
施工事例
よくある質問
Copyright © おうちの相談窓口 太田店 All Rights Reserved.
Page top
モバイル表示